住宅購入には事前に様々な準備が必要
  • 不動産を安く買う

    第一住創に相談をすると、注文住宅を購入するために欠かすことができない不動産を購入することができます。土地がないことには家の建てようもないため、安価に不動産を取引できる第一住創に相談することは大きな意味を持ちます。

  • 理想の空間づくり

    自分の理想通りの住宅に仕上げることができる注文住宅は、マイホームを持ちたい家庭に人気があります。注文して作るから間取りや素材などを自由に選ぶことができるようになっており、理想の空間が作れます。

  • 予算を考える

    家を建てる際にかかる費用は、普通の分譲住宅を買う時も注文住宅を建てる時も高いです。特に気をつけておかないといけないのは、注文住宅での予算感覚でありここがズレると予想以上にお金がかかってしまうことになりかねません。

  • ハウスメーカー選び

    オーダーメイドで建てる注文住宅は、ハウスメーカー選びも大事な要素です。どのようなテイストの家を建てるかということで、仕上がりや満足度も変わってくるので先に情報収集をしておくことが大切です。

どこまでもこだわる家

完成度の高い家

家を買いたいと考えた時に、注文住宅を建設してもらう選択肢を考えないわけにはいきません。
なぜならば、住宅を購入したいと考えたときに浮かぶ選択肢の多くは、誰かが考えだした有り物の住宅で、自分の願望にフィットしないことが少なくないからです。
マンションを購入するとしても、建売住宅を購入するとしても、自分が住みたいと思っている理想の環境になるべく近いものを探して、意識的にも無意識的にも妥協して決断をしています。
それに対して、注文住宅ならば徹底的に納得できるような形で住居を選択することができます。
住居を選択するために欠かすことができない考え方として、自分が納得できるかどうか、という発想は忘れてはいけません。
その点で、どこまでもこだわる家を作ることができて、完成度の高い家を作ることができる、注文住宅を建設してもらう選択肢は間違いなく有用です。

家族全員の満足を実現

家族が4人いれば、その4人とも家に求めるものは違います。
父親は自分の趣味の部屋を求めたり、母親は使いやすいキッチンを求めたり、子供は自分が憧れた部屋を持つことを求めたり、祖父母は暮らしやすい環境を求めたりします。
そのすべてを満たすことができる家を手に入れようと思ったなら、細かいところまで要望を出して、それに逐一応えてもらう必要が有ることは想像に難くありません。
その点を考えた場合、家族全員の満足を実現するためには注文住宅を建設することが最も適切だということは明らかです。